子育てHappy情報 と メッセージ受付       M.Karakawa official site

幸と不幸

a:1432 t:2 y:0

名言集>幸と不幸

かっては「幸せをもとめて」とか「幸せになろう」とか「人生の目的は幸せになること」といったものだ。信じて疑わなかった。

最近そう思っているところもあるのだが、「そうなのか?」と思うことがよくある。

「幸せは裏を返せば、苦しみだったり、苦しみは幸せである」 と気づいたからだ。

つまり 一つの現象や事実 に その人がそれをどう解釈するか、感じるか ということになる。

「ああ幸せだな」と思ってみるとなんだって幸せなんだ。もっと突き詰めると「幸せ」ということもナンセンスになってきて、満ち足りた感情というのだろうか 感謝という思いだろうか、それ以外ない世界にいることに気づく。吸う息、吐く息 個としてではなく、全体と融合している自分を感じる。

そんな世界にいると 幸も不幸も 自分には超越したような気になる。たとえどんな状況になったとしても、 あるのは「愛」と「感謝」なのである。

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional