子育てHappy情報 と メッセージ受付       M.Karakawa official site

怒り歓喜

a:1189 t:1 y:0
名言集>怒り歓喜

怒る事件がおきた時。

①怒りの対象と理由を明確にする。
②自分も似たようなことを過去にしていなかったかを振り返り、列挙する。
③怒りの対象の相手、行為からもたらせるよいポイントを探し列挙する。
④自分のしていたその似ていた行為から見いだせるよいポイント<相手に与えたよい影響>を探し列挙する。
⑤対象者の許せぬ行為の対極にある行為をしていることはないか(良い面)探し列挙する。
⑥怒りがわき上がったその時(試練を受けた時)同時に反対側で様々な支援をうけた。そこに焦点をあて、あったことを列挙する。(人も物も)
⑦その事件が起きなかったら、どうなっていたか、想定し列挙する。

※②~⑦はすべて正と負 同量でイーブンと感じるところまで考え腑に落とす
最後まで行って、「感謝」と替り、「ゆるし」と変容する。

ゼロポイント

怒り、歓喜は 左右の両極、怒り多きことは歓喜も多いが心のブレが大きいということ。天秤の支点にたてば、怒りも少なく、歓喜も少なくなる。
心の底で、安定した平穏が横たわる。それがむしろよい。豊かな感情もそこから生まれる。(ニュートラル、中庸)

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional