子育てHappy情報 と メッセージ受付       M.Karakawa official site

感情正体

a:1063 t:1 y:0

名言集>感情正体

Wikipeiaで

これはいい加減に書くとご迷惑がかかりそうなので、
まずここで、
感情とは

コンプレックス

劣等感と解釈されますが、正確にいえば、複雑感情です。
人それぞれ、複雑な感情をもっています。
それは心の傷、負い目ととらえてるいいでしょう。
何かのキーワードや、特定の色、特定の顔、など きっかけになるものをみると、コンプレックスをもっている人はそれに大きく反応します。

普通の人はあまり気にならないのに、自分だけなぜか反応してしまう。それがコンプレックスです。それで損をすることが多い。私個人などは 威張ってエラそうにしている人に普通の人以上に反応します。それは子どもの時の経験が起因しているようです。それで損をしています。
バックトウーザヒューチャーの主人公は「チキン!」(臆病者!)と言われたら過剰に反応していましたね。あれです。

自分の傾向を知ると、うまくかわせたり、過剰反応を抑えたりすることができるので、知っておくといいでしょう。

概して、「感情のサル」という表現があって、サルのように落ち着かず、動き回って、その実、なにも残らない。感情的にならないで・・・ といわれるように、
悪い意味でつかわれることも多いようですね。ポジテイブでもなにも残らないなら、あまりたよりにならないものかもしれません。

この感情をじっくり眺める もう一つの自分に気づき、監視できるといいのです。
これが瞑想の目的にもなります。瞑想して感情を見つめると、落ち着き、心が安定するのに気づきます。

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional