子育てHappy情報 と メッセージ受付       M.Karakawa official site

カウンセリングとは

a:3376 t:1 y:0

カウンセリングの基礎>カウンセリングとは

  • カウンセリングとは
  • ストレス社会、青少年の心の問題、不登校問題、学級崩壊、家庭崩壊、鬱、心身症、虐待 様々な課題が現代突きつけられています。
  • 普通のことが普通にできずに、ただ、タンタンと生きることが難しい時代です。「生き苦しい」人生の課題に直面した人はどうすればよいのでしょうか?
    • 貴方の人生の責任者はあなたです
    • 航海=人生として、貴方はあなたの船を操船しており、船長はあなたです。
    • あなたは ご自身の船のキャプテンなのです。
    • キャンプテンは一切の責任を負っています。
    • 自身の人生は自分が背負ってゆくのです。
  • ではカウンセリングの役どころは?
    • ご本人が独力で問題解決ができるようになる、援助をすることです。
    • 船で言えば、羅針盤、羅針役です。援助、支援をすることになります。
  • 援助するとは
    • たとえば話を聞いてもらえるだけでも、本人自身で、整理ができたり、勇気が湧いて来たり、解決の筋道が見えてきたりします。聞いたことが、援助になります。
    • ご本人(クライエント)自身が問題解決する、課題を乗り越える 思考力、行動力、精神力を身につける、そのお手伝い、これが援助です。
    • 答えは本人自身がもっているのです。なのでカウンセラーは、ウルトラマンのように、こまっているところに突如現れて、敵を自分に替って、やっつけてくれるお助けマンではないということです。(20121103記述)
  • カウンセリングを受けた人
    • 職場で自信を失ってカウンセリングを受ける。
      • (結果)現在の身に起きたことが成長にかけがえのない価値あることと知る。
      •  無視していた仲間が「最近変わったね」といって話せるようになった。
      • 困難に以前は落ち込んでいたが、軽くかわし、いなせるようになった。
      • 「元気に頑張っていける」自分の力を信じるようになり、行動がかわった。
  • カウンセリングの対象 様々であるが、わかりやすく以下に記載
    • 日常生活の普通のことが普通にできない時。
    • 西洋医学のみで限界を感じ、メンタルの部分のケアが必要と感じたとき。
    • 子育てで行き詰った時。
    • 仕事で行き詰った時。
    • 精神的に問題がないが、夢を実現したい時。
    • スポーツ選手や演奏家、メンタルのサポートが必要な時。(結果を出す人はメンタルのサポートを受けている人がほとんど。)
    • 病気や事件で精神的に参ったしまった時。
    • 全面否定されるような体験をした時。
    • カルトなど洗脳をうけた時(特殊なスキルが必要)
    • 人生の中で様々なトラブルに巻き込まれて精神的に参った時。

※カウンセリングを受け自らが目覚めた時(それは瞬間の時もあり、次第にということもある)受け止め方、考え方、行動が ガラリと変わります。
それは一切のことが自身の心のスクリーンに自分自身が映し出していることだからです。なのでガラリと風景が替り、認識がかわり、行動がかわり、結果が変わります。

■拷問を受けた傷、レイプされた傷、なども愛と感謝に転じることを信じる人はすくないでしょう、しかしそれはあることです。

■視点が変わると別のモノが見えてきます。
画像の説明
↑ カモとしか見えないのに、自分に変化が起きると ウサギに見えたり


画像の説明
↑ 壺にみえるのですが、自分に変化がおきると、人が向きあっているように見えたり


画像の説明
↑ 老婆に見えたり、少女に見えたり、 帽子の上にもリボンか なにか動物が・・・


怒りが 感謝に転じることは気づきの瞬間におこったりします。
ネガテイブな感情が突然 ポジテイブに変容したりします。
カウンセリングを受けるとあなたの身の上に劇的に起こります。
すると人生が大きくかわります。
そのお手伝いをするのが、カウンセラーです。

■また、潜在意識を利用して、思っていることを現実にしてしまう不思議な力を人はもっています。私などはいままで、自身の体験で日々知らされている明白な事実で当たり前のように思っています。そんなことのお手伝いも出来ます。この手法は解決志向のセラピーでも使いますし、サイモントン療法といわれる、がん治療にもイメージ療法として応用されています。効果が上がっています。これは大きな効果があります。
世にいう、成功者はこれを強烈に駆使しています。

■また病気などで精神的に参った方は、肉体の病の治療とともに、精神的なサポートがとてもよいことになります。病気に感謝できたり、病気を受け入れたりできます。
すると不思議なことに、実際の治療にも効果がでたりします。昔から「病は気から」といわれる通りです。それは情緒面が免疫機能・恒常性維持機能(ホメオスタシス)と関係がることからもわかります。
 「梅干しを想像すれば、唾がでてくる」そのつながりを感じることができるでしょう。
肉体と精神、脳の活動は密接な関係がありますから当然のことです。さらに心の内奥に入れば、もっとすばらしい体験ができます。魂の開眼とでもいいましょうか・・・

■人生の質 (クオリテイオブライフ)を高め、今を豊かな生き方ができる。「いまここでの大きな気づき」このような表現はカウンセリング手法の「ゲシュタルト療法」的になるが、それをさらに越え、あらゆる有効な道をさぐり、至ることが可能です。
 これは健康な人も病に悩む人もぜひ気づいていただきたいことです。
 あなたはこの瞬間、豊かな満ち足りた(芳醇な)心を味わえて(堪能)いますか?
 「どんな人でも、人生すてたもんじゃないですよ」M.K

(上記カウンセラーの誰もが施せるものではありません。)

詳細はこのサイトに明かしてゆきます。お楽しみに、

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional